長い長い夏休みをどのように過ごすべきか、世の中の御料悪心は頭をか変えて悩みこんでいることでしょう。
子供たちは夏休みでまさにパラダイスですが、遊び惚けるあまり家は一向にかたづきません。
そして夏休みの宿題も、自由研究も目もくれずテレビゲームに没頭している子供たちも多いでしょう。
八月末になって宿題の残りの尻拭いをするのは両親であり、どうしたものかと頭が痛い問題です。
そこでここでは、夏休みを過ごすのに最適なイベントや体験、自由研究に最適なテーマなどをごしょうかいしていきます。
外国人観光客や社会人、学生など老若男女問わないイベントも紹介します。

夏休みこそ体験型イベントに参加しよう!

家に子どもたちとずっと夏休みの間いることは、非常に両親にとってストレスです。
そして家に長時間いると冷房代など光熱費や食費もばかになりません。
こうしたストレスを発散する何か良い方法はないものだろうかと頭を抱え、悩んでいるご家庭は多いでしょう。
こうした場合にはできるだけ外出するように心がけることが大事です。
外出することで子供も両親も、ストレスが多少発散されます。
光熱費も図書館や百貨店に行けばコストカットが実現するんです。
外出と同時に体験型イベントに参加することもお勧めです。
体験型イベントは、夏休み特別企画として各自治体や企業、NPO法人などが頻繁に企画し、実施してるんです。
体験も実にさまざまあり、親子と一緒にかけがえのない貴重な体験をすることもできるんです。
外国人にとっては、異文化を体験し、異文化交流を実現できます。
このような体験型イベントを子供たちの自由研究のテーマにしてしまえば、八月末になって慌てる必要もありません。
自治体や各企業のホームページをこまめにチェックすると、無料で体験できるイベントも非常に多いのでリサーチしてみると良いでしょう。
こうした体験は大人にとっても非日常で、人生を有意義にしてくれます。

染物体験をしてみましょう!

体験型イベントのなかからどれを選んでいいのかわからず、困惑する人も少なくありません。
この場合は、染物体験などを選択してみるのも良いです。
染物は日本では伝統文化として現代にまで引き継がれています。
草木染などは日本古来の染色技法であり、素朴で品の良い発色が特徴的です。
害故国の染色技術や発色とは全く異なり、外国人観光客がこうした体験をすると非常に日本文化や繊細な技術を深く学ぶことができるんです。
染色方法は日本では数多く存在しますが、特に外国人に人気なのが京都の京友禅、沖縄の紅型染となってます。
子供たちがこうした伝統技法を学ぶのも良いですが、草木染を選択し自然に触れ合うことをお勧めします。
草木染であると、高原や草原で実際に自生している草木を親子で採取し、それをすりつぶして染料を抽出したり、煎じて煮だして色を出すなどの技法を学べます。
自然に自生している草木から、人間が手を加えることで発色する驚きを体験でき、自然科学や理科にさらなる興味関心を抱くようにもなります。
Tシャツや反物を染め上げることで、世界に唯一武野のデザインのものが出来上がることも驚きと感動であり、親子で一緒に楽しめるのです。

東京のみやこ染体験と疑問点について

京都の京友禅、沖縄の紅型染、草原での草木染を体験したいが、やはり現地に赴く必要があり外国人観光客にとっては時間が許さず、こうした染物体験を断念せざるを得ません。
しかしがっかりすることはないのです。
東京都心であってもこうした伝統技法の染物体験ができる場所があるんです。
それが東京日本橋であり、みやこ染とい染物体験なのです。
みやこ染は1890年発祥であり長い歴史と伝統を誇る伝統技法でもあります。
染料は一切有害物質を含まないのでお子さんも安心して手に触れ、染物体験を安全に楽しむことができるんです。
みやこ染体験はホームページにて随時最新の体験イベントを紹介してます。
みやこ染でタイダイ染をしたり、リユース染や夢絞り染めなど様々体験できるようになっているのです。
体験に際して疑問や不安を持つ方も少なくありません。
最も多い疑問は、どのような服装で参加した来夏というものです。
染物の際には、染料が飛び散ってしまうことがあります。
それ故参加当日は染料が飛んでも構わないような服装で参加することが大事なのです。
またリユース染ではどのようなアイテムを持参すべきか疑問を持つ人がいます。
使わなくなった飽きてしまったデザインのTシャツや、汗じみで黄ばんだシャツなどを持参するのも良いでしょう。

まとめ

長い夏休みをどう過ごすかは、各家庭の両親にとって頭を痛める悩みです。
子供たちが楽しめて、大人も一緒に楽しめるイベントに積極的に参加することがおすすめです。
各企業や自治体などが特別企画で体験イベントなどを開催しています。
中でも染物体験イベントに参加することがおすすめです。
親子で一緒に楽しめて、外国人は異文化交流にもなってくれます。
都心ではみやこ染なども体験できます。
体験の際にどんな服装で参加すべきか疑問を持たれますが、染料が飛び散って汚れても構わないような服装で参加することが大事です。
またリユース染には、着なくなったTシャツを持参すると良いです。

おすすめサイト