孫を迎えて夏休みどう過ごしますか?

久しぶりに夏休みに孫とともに娘や息子が帰省してくれることは、非常にうれしく幸せな子ことです。
しかし年老いた老夫婦のもとに小学生の孫がやってきても、おもちゃもなければテレビゲームも自宅にはありません。
孫が退屈そうにしているのもみると、祖母として心が痛むのは当然です。
せっかくの夏休みを、孫や娘たちとともに楽しく過ごす方法はないものかと途方に暮れているおばあちゃんやおじいさんも多いことでしょう。
そこでおすすめしたいのが、染物体験を一緒に行うというものです。
自治体や各企業、NPO法人などで夏休み特別企画やイベントで染物体験を行っているところがたくさんあります。
染物体験は、自然の中で親子や祖母と孫で野生の草木を採取し、染色成分を抽出して反物を実際に染めていくなど、非常に楽しいイベントなのです。
年齢に関係なく老若男女問わず誰でも楽しむことができるのです。
夏休みの過ごし方として染物体験を考えてみると良いでしょう。

東京日本橋みやこ染体験はいかがですか?

年齢を問わず、誰でも楽しめる染物体験ですが、東京の都心部で体験することは可能なのか非常に知りたいところです。
染物というと京友禅などの京都、インディゴブルーの岡山県を想像する人も多く、そこまで遠出していかなければならないのかと困惑してしまいます。
しかし東京でも素敵な染物体験ができるところがあります。
それは日本橋であり、みやこ染というものなのです。
1890年八章で長い歴史と伝統があるのです。
特筆すべきは有害物質が一切含まれない染料であるために、子供も高齢者も安心して染料に触れ染物体験できます。
みやこ染ではホームページで随時、体験イベントを告知してるんです。
リユース染、タイダイ染に夢絞り染などとてもユニークなイベントを随時開催しています。
リユース染は特にお勧めで、着なくなってしまったTシャツや反物を持ち込んで、自分たちのオリジナルに染め上げることができます。
このように染めることで付加価値と新たな息吹をよみがえらせることができることを学べます。

まとめ

夏休みに孫と娘が帰省してきても、高齢者の住まいにはテレビゲームもなく孫が退屈しないかと心配になるものです。
どうやって孫や娘たちと楽しく過ごせるのか、それを考えて途方に暮れている高齢者も多いでしょう。
そこでおすすめしたいのが染物体験を一緒にしてみるというものです。
染物体験は年齢に関係なく老若男女楽しめるものです。
使わなくなったTシャツや反物を持ち込み、みやこ染で新たな付加価値をつけ、よみがえらせることで楽しい思い出になります。